宮城 和恵(みやぎ かずえ)さん

嘉陽の人      PEOPLE OF THE KAYOU

宮城 和恵さん
(みやぎ かずえ)

74歳
共同売店のおばちゃん

Q:嘉陽の人たちになんて呼ばれていますか?

A:みんな和恵とか、和恵さーーんって呼んでるかな。

 

Q:出身はどこですか?

A:うちは屋我地。沖縄の名護市だよ。

 

 

Q:いつから嘉陽にいますか?

A:嘉陽は23年くらい前に来たかな。

 

 

Q:なんで共同売店をやろうと思いましたか?

A:主人の親戚の人に頼まれて、最初は主人とやってたの。

「和恵さーーん(おばあが来店)」

はーい。いま、ないよ~。ちょっと行ってくるね。

(さすが何が欲しいかすぐわかる和恵さん)

 

 

Q:嘉陽に23年前にきてからずっと共同売店をやっているのですか?

A:いやいや。1回辞めたよ。その後は別の人がやって辞めて、また別の人がやって辞めて。私も足とか手術してたりで、休んでたの。

 

 

Q:仕事のやりがいとか、続けられている秘訣とかありますか?

A:やっぱり私は仕事をしてる方が好きだし、やらないとさびしくなっちゃうからね。でも、みんなに「あってよかった~」って言われるとこの仕事をやっててよかったなって思うね。

 

 

 

Q:共同売店は嘉陽に必要ですか?

A:車のない人には、やっぱり必要かな。孫とかが買ってきてくれるより、自分で買い物したいさね。ちょっとした忘れ物をした時に、わざわざ街に行かなくても、ここで買える。あっても変わらないけど、ないと困る場所かな。みんなにも「辞めないでー」って言われるし。できるまではがんばりたいね。

 

 

Q:共同売店での地域の人との関わり合いってありますか?

A:あー、あるね。おしゃべりをたくさんしているよ。昔話だったり、シデック(URLなどで行事カレンダーにとべるように。)の話だったり。踊りと歌が好きなおばあは、私にそれを教えてくれるの。みんなさびしいみたいだね。

 

 

Q:もし、和恵さんが体調を崩して共同売店を続けられなくなったら、共同売店にどうなってほしいですか?

A:つづいては欲しい。やってくれる人がいるんじゃないかぁって思ってしまうんだよね~。

 

 

Q:嘉陽の魅力はなんですか?

A:海かな。昔はもっときれいな海だったんだよ。昔の海を知っているからそう思うけど、観光客の人はみんなきれいって言ってくれるから、海かなぁ。日の出の海が1番きれいだよ。

 

 

Q:これからの嘉陽にどうなってほしいですか?

A:うーん。観光地化したいわけじゃないねぇ。でも最近若い人が増えてにぎやかにはなってきた。10年くらい若い人がいなかった期間もあったから、やっぱり人が増えて、にぎやかになることはうれしいね。

 

 

Q:最後に言っておきたいこととか、載せてほしいこととかありますか?

A:共同売店のTシャツを嘉陽の若い人たちが作ってくれてるの。第2弾は、うちのチビ(猫)とかおばあがいるんだよ。後ろには、私のバンダナとメガネもある。次は第3弾が出るんじゃないかなぁ。楽しみだよね。

 

 

 

 

(写真:和恵さんが好きな、日の出の海の写真)